2012.10.08 Monday

マクロス サヨナラノツバサ 一番くじプレミアムをさらしてみる

9月上旬のマクロス オープンワンモア サヨナラノツバサに続き、第2弾となる今回もひいてしまったので、順番にさらします。
といっても、ここまで計3回のみなので中身は推して知るべし。

ということで、まず朝にひいた一回目


G賞 オオサンショウウオさんボールペン(赤)外装


G賞 オオサンショウウオさんボールペン(赤)中身

まぁ、こんなもんだよねぇ・・・
ボールペンだから実用性はあるよねと思ったら、グリップ部分が太すぎてペンを持つ持ち方ではなく、五指で握らないと使えない感じ。

ということで、気を取り直してお昼にひいた2回目


H賞 きゅんキャラ


あー2回目はさらに下の賞というか、最下位賞のきゅんキャラです。

ところが中身は・・・



H賞 きゅんキャラ ??

あれ? 箱の写真にないモノが出てきました・・・これってシークレット\(^o^)/


H賞 きゅんキャラ アルト ゴスロリバージョン

なんとアルト姫でした\(^o^)/
見た目完全に女の子・・


シークレットにしても、G賞、H賞とまったく振るわないので、夜になってから三回目に挑戦です



B賞 ランカ・リー スペシャルウィングVer. プレミアムフィギュア 正面

\(^o^)/
なんと三回目はB賞でした。
本当はE賞のポットとかF賞のブックレットとかも欲しいのですが、最近色々散財していてこれ以上はもう無理って感じです。



左側面

右側面

背面


前回に引き続き最高賞はB賞でした。
今回のフィギュアも箱から出す事なく側面、後ろからも眺める事ができて非常に良い出来です。

ここまで、初音ミク、マクロス1、マクロス2と立て続けにB賞3回です。
しかもマクロスくじは2回ともランカちゃん\(^o^)/
初音ミクは10回でB賞、マクロス1は6回目でB賞、今回は3回目でB賞。当たるまでの回数が半分ずつに減ってます。
今回のくじの目標は達成したのでここまでにします・・・たぶん

ファミリーマート
マクロスF サヨナラノツバサ 第2弾
一番くじプレミアム 800円/回
今回は計3回だったので2400円でした。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

2012.09.13 Thursday

オープン、ワンモア マクロスF 一番くじゲット品一覧

マクロスF 一番くじを数回ひいてみたので、ゲット品をさらしてみる。

まず最初に当たったのは


G賞 きゅんキャラ シェリル1 、シェリル2


F賞 オリジナルポスター B1サイズ


D賞 オリジナルビッグタオル x2

そして最後の一回が


B賞 魔法少女パステルver.1.5 ランカ・リー (正面)


(向かって右側)


(向かって左側)


(背面)


(正面斜め)


6回購入でB賞だったのでそこそこの確率でした。
本当はきゅんきゃらのランカちゃんがあると先に当たっていたシェリルと対になって飾り映えするかなと思って引いたのですが、当たったのはでっかいランカちゃんでした。

それにしてもこの娘の箱W330mmXH310mmXD180mmもあります。
コンビニで用意している買い物袋の最大サイズでは到底入らず、大きめのペーパーバッグでも全く入らず、結局大きいペーバーバッグ2つを切ってつなげて大きくしたものに入れて持って帰りました。
ただ、この箱は中身を取り出さなくても四方から眺められる優れものです。
このおかげで取り出さなくてもそのまま飾る事ができます。
強度等の問題もありますが、これらに加えて頭上に採光用の窓があるともう最高(しゃ、シャレじゃないんだからね!

大きいと言えばポスターも大きめの箱に入ってて大き過ぎ。 これも持って帰るのが一苦労。
いくらでかるちゃーとはいえ、でかすぎですw

タオルはかさばらないので目立ちませんが、モノはでかいです。ほとんどバスタオル並。

それにしても散財しまくりんぐ。
これ以外にも旅行の出費などでカードの請求金額が目玉が飛び出るほどになっていたりするのはここだけの秘密w

今月下旬にはマクロスFの一番くじが始まりますが・・
もうしばらくは買えないな・・・はぅ

セブンイレブン
マクロスF サヨナラノツバサ オープン、ワンモア
一番くじ プレミアム 800円/回

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

2012.08.25 Saturday

初音ミクxファミマ コラボ ハッピーくじ戦利品

現在も続いているファミリーマートのハッピーくじで当たったものと購入したものをただ並べていきます。
ハッピーくじはミク好きならちょっと出費してもそれなりの確率でそこそこのものが当たるので、悪くないと思います。


B賞 ねんどろいど初音ミク
残念ながらA賞は他の人にさらわれました。
ねんどろいどは箱書きも面白いです。
必ず○○系と書かれますが、
「あなたとコンビに、系」ってどんな系統だw

全体的にそれほど凝った作りにはなっていません。
表情はスタンダードで無難なもので、2種類の表情ともに口を閉じているのが少々残念です。
シンガーなので口が開いている表情もあっていいと思います。
腕パーツは3種6本。デフォルトと両手パーをしているタイプ、肩から下の替えとしてファミチキ(らしきもの)を持っている右手パーツと同じ形の持っていない右手パーツが付属しています。(これ両方右手)

ねんどろいどなのでほかからパーツを持ってきて組み合わせてもいいかもしれません。


B賞 裏側


c賞 KEI氏 複製原画
ただでかいだけかと思ったら、中身は予想外にいいものでした。
複製原画といってもいわゆるただの印刷ですが、紙質にも気を配っていて、黒のフレームに入ってしっかり飾れます。人によってはフィギュアよりこっちの方が魅力的に思えるかも。


D賞 コロコロクッション
絵柄が二通りあって、本当はぷちでびる氏作画の方が欲しかったのですが、店頭になくこの絵柄に。


D賞 コロコロクッション 反対側の絵柄
意外に大きいですが、抱きまくら的に使うには少々小さいです。よって置物かなぁ・・・


F賞 クリアファイルセット
コロコロクッション同様これも欲しい絵柄とは違うものを選んでしまった。


G賞 グラフィグ5種類+シークレット一種のカクカクのミクが見られるグラフィグです。
紙製ではなくABS樹脂製で、頭、髪、胴体の3ピースに分かれてそれぞれ入れ替えられます。
写真では2種類ですが、4種6体当たったのでかぶった写真の2体と誰か交換できないか悩み中・・・


こちらはハッピーくじより前に発売されたチャーム。
一つ250円くらいと買いやすそうですが、全10種あってだぶらずに揃えても2500円かかる悩ましい内容です。
幸いミクさんは全種ゲット。残念ながらレンとルカが揃いませんでした。ヤフオクで買いそろえようかなぁ・・


これはミクまん。正式名称は初音ミク肉まんらしいです。

これ以外にも、おにぎり2種、カップやきそば(ペヤング塩焼きそば)、アイス(カイト)、冷やし中華、サラダなどあらゆる食べ物がミクミクされてて、機会ある度に購入中。



JUGEMテーマ:アート・デザイン

2012.08.25 Saturday

24本骨傘

24本骨を持つ傘を手に入れたので紹介。
参考価格はこちら

ちなみに購入したのではなく、クレカのポイントでもらいました。
そうでもないとこういうものは買わないですね・・


留め具の銘


和傘の雰囲気が強く素敵なのですが、素敵過ぎて自分が使うと全く似合わない気がして使うのをためらうような傘です。
持ち歩くとなくしそうで、雨降り時の買い物程度にしか使えないですね。
外から見える場所に専用のメアドかURLでも縫い付けようかしら・・・

JUGEMテーマ:アート・デザイン


2012.08.25 Saturday

マクロス原画展

超時空展覧会に続いて(と言っても3ヶ月開いていますが)、先日22日まで開催されていた原画展に行ってきました。



原画展図録、付録の音声ガイドCD、入場券とポストカード引換券

立体物中心だった超時空展覧会のように迫力などはまったくなく、非常におとなしい美術館的な雰囲気の展覧会です。
原画展だけあって立体物はないです。

その分、手描きのラフやアニメの指示書などが初代マクロスから見られます。
見所といっても人によってばらつくような、アニメ好き(というか絵を描くのが好き)なら面白い相当ニッチな展覧会でした。

シェリルとランカが好きなら会場を案内する音声ガイドは必聴です。
それなりに練られた構成で掛け合いもそれなりに面白かったです。
これは図録の付録にもなっています。

お金に余裕のある人なら、展示コースの最後で販売されていたリトグラフはそれなりに悪くないと思います。
リトグラフは実物と同サイズが基本ですが、0号キャンバス大の絵は2号程度まで縮小されていました。
それでも最高額で5万円〜30万円弱で納めているのでこのようなものが好きな人は即買いのようです。
ちなみにシェリルとランカの二人が描かれた約20万円のリトグラフは2日で用意した30枚が売り切れたそうです。

商売とはいえ、とにかくお金お金の展覧会ですね。
超時空展覧会はそれでも見所が多く良かったのですが、今回の原画展はニッチ層を意識してか音声ガイドまで図録に含めて販売してしまう商魂逞しい展覧会でした。
まぁ、そうでもしないと有名声優を二人も使った音声ガイドをこの程度の展覧会で用意するのは予算的にも厳しいでしょう。

行けなかった方は図録等を取り寄せてみるのが一番お金がかからず楽しむ方法だと思います。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

2012.05.06 Sunday

マクロス 30周年記念展

4月28日から5月6日まで開催中の「マクロス 30周年記念 超時空展覧会 バルキリーに誘って」に行ってきました。

何と言っても一番のウリは池袋会場のこの1/1スケール VF-25です。


想像以上に・・おおきい・・です・・・


この展示は非常に良く、これだけでも行く価値はあると思います。

その他の展示


シェリル


ランカ


リン


SMSの光る看板


マクロス大明神


実物とほぼ同じ高さのポップ


床投影文字


これ以外の展示も悪くないのですが、細かい部分で粗が目立ちその点はちょっと残念な印象が残りました。
例えば、この1/1スケールVF-25の制作現場でのインタビューが文章に起こされて壁一面に書かれていて読めるようになっていますが、はっきり言って読みにくいことこの上ない状態です。

せっかく貴重なインタビューであるはずの内容が、読む気が起きないような文章レイアウトになっていて、この辺に神経が行き届かないのはかなり残念な感じです。

一般的な美術展覧会と同程度の入場料を取るのですから、アニメ同様展示にももっと気を使ってもらいたいものです。
さらに言えば、このような読み物は来場者限定で配信して電子ブックなどで読めるようにしてもいいはずです。

もっと細かいところで気になったのは、シェリルの「ケー鯛」モックアップが展示してありましたが、設定より1.3倍ほど大きいです。これは池袋会場のモックと渋谷会場のラフスケッチとその設定を見るとわかりますので、余裕があれば見比べてみてください。


 
池袋会場で食べられる、大判焼きの「シェリル焼き」とランカコースター付「超時空シンデレラ」(クリームソーダ)


渋谷パルコ会場は写真撮影は禁止されています。
ただし、こちらの会場の方が興味深いものが数多く展示されています。
入場料は500円ですが、美術的な見所はこちらの方が多かったです。
マクロス7のバサラの実物ギター(演奏可能)もこちらの会場で見られます。



パルコ会場のおまけとスタンプシート

今回の戦利品
左端に両会場を回ってスタンプを集めるともらえるミニクリアファイルがあります。


池袋会場はコミケ的雰囲気が強くコスプレもそれなりに見かけましたが、パルコ会場は美術展的な雰囲気が強く落ち着いた感じです。
物販は思っていたほどではなく、意外に控えめな感じです。
3000円以上購入するともれなく記念限定バッグがもらえます。

 
バッグと記念タオルと入場券と引換券

本日日曜日までですが、興味ある方はどうぞ

それと、バンダイチャンネルで月額1000円会員向けにイツワリノウタヒメが期間限定見放題になっています。
さらに8月にはマクロス原画展が開催されます。

池袋会場 入場料 当日1300円 グッズ付2300円
渋谷パルコ会場 入場料 当日500円(おまけ付)

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

2011.10.13 Thursday

【ダンタリアンの書架】 劇中のコーヒーカップ を特定してみました

最近最終話を迎えてしまったテレビアニメ ダンタリアンの書架ですが、劇中に度々登場するカップが自分が愛用していたカップとそっくりだったので、比べてみました。

先に謝っておきます。実際には完全特定できませんでした。ごめんなさい。
比較しているので興味ある方は以下をどうぞ。


【ダンタリアンの書架】14話 1分30秒前後


ただし、この黄、青のラインや模様を含むデザインはウェッジウッドのボーンチャイナシリーズ、キャベンディッシュ系と思われるのでこのシリーズの一つと思われます。

カップ横
似た角度で撮影


比較すると劇中のカップやソーサーの角度はかなり不自然にみえます。
特にソーサーはどのカップのものも深いものではないのですが、劇中では相当深いお椀のような印象を受けます。

比較はこちら
「ウェエッジウッド ボーンチャイナ キャベンディッシュ コーヒーカップ 1982年」
定価5500円(カップ、ソーサーセット)でウェッジウッドとしては割と買いやすい価格でした。


カップとソーサー



【ダンタリアンの書架】14話 2分15秒前後



カップ裏



ソーサー裏



同シリーズのポット


ウェッジウッドのバックスタンプ集
http://www.le-noble.com/tableware/brandstory/brand_wedgwood.html

ここで同シリーズのマグとポットの写真が見られます。
http://www.cup.com/grace/wedgwood.html

ウェッジウッド、キャベンディッシュ等についてはこちらが詳しい
http://www.le-noble.com/tableware/series/wedgwood/series_wedgwood.html

残念ながら自分が所有するこのカップは長年の使用で、ひびが入りこのままだと壊れてしまうので今は使用を中止しています。
また、写真では光の関係で黒っぽく見えるカップの縁取りは「青」です。
さらに縁には金飾が施されていますが、これも使用によりかなりはげてしまいました。
さらに、同シリーズはすでに廃番になっており入手は困難です。

ほかにもっとそっくりなものを特定した方はご連絡いただけるとうれしいかも。


JUGEMテーマ:アート・デザイン


JUGEMテーマ:漫画/アニメ


2011.04.07 Thursday

節電は自販機からして…ほしいかも

またまたすいーつじゃないけど…

家庭や工場の電力を節電しろと盛んに言っているが、どうしてもっと簡単にできるところからしないのか疑問だったので調べてみた。
http://www.jvma.or.jp/information/2_01.html
http://saijiki.sakura.ne.jp/denki1/jidou.html

ここでは東電管内自販機消費電力41万世帯分約400万kwhとある
http://hetima-sokuhou.ldblog.jp/archives/52127684.html

全国の飲料自販機の冷却機能を止めて、売るだけにした場合、単純に計算して300万kw以上節電できる。
完全に電源を切るのが一番だが、これで生計を立てている人もいることを考えると、それは難しいだろう。
冷たい飲み物を飲めなくなることはあっても、水分補給するための飲料購入は可能だから、最低限機能は果たせる。
しかも、家庭の電力カットより簡単かつ確実。生計に大きな影響ない自販機の販売自体を自粛すればもっと大きく節電可能になる。

大半は場所貸ししているだけのレンタル自販機なのだから、メーカーが率先して節電に協力する姿勢を示すだけで大きな節電効果が見込める。

ただ、売り上げの多くを頼っている飲料メーカーが電源を止めることは多分しないし、売り上げの一部を受け取って場所貸ししている人も止めようとはしないだろう。

結局は利益のために誰も何もできない。

ちなみにパチンコ店は43万世帯分の消費電力ということだけど、いわゆるゲーセンも同程度消費しているので、これらも全部営業しないとすれば軽く50万世帯分以上の節電効果が出る。
自販機とあわせればおよそ90万世帯分の節電になる。
これは福島原発1〜6号機全部の発電力に匹敵する。

パチンコ、ゲーセン、自販機を全部止めれば、福島原発がなくてもそれ以外はすべて今まで通り活動可能ということ。

せめてたいした売り上げのない自販機の夏場の販売自粛と全機設定温度の上昇、娯楽施設の大幅な節電を進めるだけでだいぶ楽になるはず。
まぁ、電力を多く消費しているということはそれだけ売り上げがあるということなので、協力する気はさらさらないだろうけどね。

っていうことは全然簡単な節電方法ではないってことね…

夏の暑いとき、節電したいけど涼みたいときにはパチンコ店、ゲーセンに行けばいいっていうことか。うるさいしタバコ臭くてイヤだけど………

※リンク先新聞記事内で1日あたりの消費電力と出ているのに、単位がkwhになっている。
これは表記の仕方がおかしいと思う。
kwhは時間[h]当たりの電力量[kw]だが、ここで出ている電力は1日当たりなのでkw/dayのはず。
なので本来の時間当たりの電力[kwh]は24で割った数字になる。
なので、400万kwhとあるのは本来は約16.7kwhを24時間続けた数字(400万kw/24h)となる。
新聞の表をそのまま使うなら単位はkwhではなくただkwとすべき。

※自分のmixi日記から転載

2011.04.03 Sunday

はやぶさのお話 - サンシャインシティ宇宙展2011

こういうときには夢のあるお話を。
今月も池袋で仕事の打ち合わせがあったのでついでにサンシャインシティをぶらつく。


なにかイベントをやっていることが多い、サンシャインのイベントスペースでたまたま「小惑星探査機「はやぶさ」の奇跡」の講演会に遭遇。
http://www.sunshinecity.co.jp/sunshine/event/e1008.html

本当にたまたまだったので、素通りしそうになったくらいだったけど、気になったので立ち止まって聴いてみた。
的川泰宣(まとがわ やすのり)氏っていう人は、はやぶさミッションの広報ほか諸々担当の人らしく、開発と飛ばしたあとの運用時の秘話を多数知っている人で、非常に興味深い話をたくさん聞けました。

はやぶさプロジェクトマネージャーのポットのお湯の話しとか、説明すると長いけどこのプロジェクトを象徴するようなエピソードが語られました。

初めて知ったのは、このプロジェクト自体が元々はただの試験プロジェクトだったこと。
試料を採集することではなく、小惑星に行って調査、帰還することが当初のはやぶさの役目で、試料採集はそれこそただのおまけ。関係者でなにか持って帰ることを予想できた人は一人もいなかったらしいです。
それが、報道を重ねるごとに期待感が一人歩きして、最終的に何か持って帰ってこないと全部失敗、くらいに言われかねない状態になってて結構プレッシャーだったようですw

無事帰還することだけが目的だったので、計画ではカプセルを地球に向けて放出後、姿勢を変更して地球重力圏から脱出、そのまま太陽系外まで飛ばして観測をしながら通信途絶まで飛ばし続ける予定だったようですが、エンジン故障で姿勢制御できないため、大気圏でカプセルの後を追う形で燃え尽きました。最後に地球を撮影、送信する途中で燃え尽きました。

そして、一番興味深いのはなんと言っても最後まで動き続けたイオンエンジン。
報道では万が一に備えて、4つのイオンエンジンを相互補完できるようにつないでいた、というような報道をされていますが、実際はちょっと違うようです。

このイオンエンジンは一人の開発者が20年かけて開発してきたものが、はやぶさプロジェクトに間に合う形で小型軽量化できたため搭載されたものです。
この相互補完機能は当初の設計には盛り込まれておらず、搭載後の最終試験時にも実装されていない機能でした。
これを打ち上げ直前になって、不安になった開発者がほかには内緒で、製造側の一人と一緒に回路に細工したのが、この相互補完機能だったようです。

本来、打ち上げ直前に設計、機能変更は宇宙開発でなくてもありえない非常識行為で、これが原因で故障すれば責任をとらなくてはならない重大なルール違反ですが、開発者自身が壊れるかもしれないっていう不安から「やっちゃった」ようです。

イオンエンジンはプラスとマイナスのイオン噴射口が一つずつの対になっています。この二つが機能して一つのエンジンになるので、合計8個の噴射口があります。推進力として機能するのはこのうちプラス側。

もちろん故障しなければ使うことのない機能だったのですが、どうしてかちょうど良く4つのエンジンすべてが壊れ、このうち一つのプラスエンジンと一つのマイナスエンジンが生き残っていたためこの二つを(電気的に)つなげて一つのエンジンとして動かしました。

ただ、単に思い付きというだけでなく、実は研究室にある同型のエンジンではほぼ同様の相互補完機能のテストまで済ませていて、本人は一か八かではなく、機能的にはかなり自信があったようです。が、当然本人と製造元の一人以外この機能の実装を知っている人は誰もいません。

普段弱音を吐かないプロマネがイオンエンジン故障の記者会見でダメかもしれない発言をした後、秘密裏に実装していたので本当は言いたくなかったけど、見かねたこの開発者が「実は動くかもしれない…」っていう話しをしたようです。
プロマネも知らなかったこの事実が、報道されているよりずっと紙一重のエピソードで興味深かったです。

某議員の「2位じゃダメなんですか」発言はかなり現場に影響があったようで、もともと試験だったはやぶさから実証実験となるはずだったはやぶさ2プロジェクトはできないのではないか、と思われていたようですが、その後このプロジェクトの成功を見て、あっさり撤回、予算がつくことになり2014年にはやぶさ2が打ち上げられる予定です。

なにしろイオンエンジンの開発は20年かけてるし、一朝一夕に結果が出るものではないわけで、安易に予算削られたらそれこそ20年後の技術はそのまま20年遅れになりかねないですね。

結果的に、関係者が出来過ぎというくらいの大成功。月以外に探査機が降り立って帰ってくるのも世界初、試料採集も世界初、イオンエンジンをこれほど長時間動かしたのも世界初などなど、世界初が10個くらいつく世界でも類例のない宇宙探査になりました。

これ以外は、展示物はほとんどレプリカで写真のカプセルもレプリカカットモデル。これで実物大なので、意外に小さいし、試料カプセル部分も想像よりものすごく小さいです。(銀色円形部分がそうらしい)

ほかの展示物は、ロケットの模型、実物の船内、船外活動用の宇宙服などの展示で、無造作に展示されている実使用された宇宙服は評価額1億3000万円らしいですが、これ以外量、質ともに物足りないです。物販ブースも小さくてはやぶさ関連品も少ないので、講演以外はたいしたことなかったです。
この展示目的なら期待はずれになるかも。

※自分のmixi日記の転載です

2011.04.03 Sunday

4月3日 本日の東京武道館

スイーツじゃないけど自宅近くなので、定点観測的に。

都内の避難所になっていて、先日天皇も来られた東京武道館、今日9時頃の様子。

日本国旗、東京都旗(イチョウマーク)、なんかの旗(武道館の?)の3つの国旗が半旗で掲げられていた。

ワゴンタイプの警察車両1台。
15人くらいのボランティア。この人たちはたぶん、炊き出し要員と思われる。
敷地入り口付近(外)に段ボールなどを山積みして炊き出しの準備を始めたところらしい。

通りすがりにちら見するだけなので、この程度しかわからないものの、ボランティアの都合がつきやすい週末は炊き出しがある模様。

天皇ご訪問時の報道より、ここにはお年寄り中心に約300人いるらいしいが、あまりに静かすぎて普段はそんなにたくさんいるようには見えない。

なぜか朝から武道館のある東綾瀬公園周辺に、自転車巡回のいわゆるお巡りさんをぞろぞろ多数目撃。なんで?w

同公園の桜が八部咲きで、気温さえ上がればそれなりに見頃。
来週はたぶんかなり散り始めるので、できれば今日あたりがいいと思うけど、寒いね

※自分のmixi日記から転載

Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
DMデザイン.jp
Presented by DMDesign.jp
おすすめ
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recommend
Recommend
Recommend
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM